ごあいさつ      治療のために

歯周ポケット

正常      歯の構造

歯肉炎

歯肉炎は、歯周病の初期段階です。歯面(エナメル質)や歯ぐきの溝(歯肉ポケット)にプラークが溜まり、その中に潜む歯周病菌が悪さをして、歯ぐきに炎症を起こします。歯を支える深部の歯周組織(セメント質•歯槽骨•歯根膜)は破壊されていないので、すぐに治療すればきれいに治せます。

        治療方針


軽度の歯周病

歯根の半分程度の深さまで炎症が進み、歯周組織の破壊も少しずつはじまっています。 歯周ポケットの深さは4ミリ程度。軽度とはいえ既に歯周病です。歯槽骨が失いはじめています。歯みがきの時に、出血やムズムズ感で気がつくことが多いのですが、痛みがないため放置しがちです。この時に治療すれば、 まだ歯はグラグラになりません。

        治療方針


中度の歯周病

歯根の3分の2の深さまで歯周組織が破壊。 6ミリほどの深さの歯周ポケットからは膿が出て、口臭も悪化。歯周組織が破壊されたため歯のグラつきがはじまります。そのため歯の隙間が広がり、食事に支障をきたすようになります。
また、ジワジワと壊れていくのが歯周病の特徴ですが、噛む力の影響を受けて一気に破壊が進むことがあり、力を受け止めるクッションの歯根膜を失うと、ダメージを受けやすくなります。ときどき歯ぐきが腫れて痛んだり、膿みが出たりしますが、いつの間にか症状が治まったりするため、放置しがちになります。

        治療方針


重度の歯周病

歯を支えている骨がほとんどなくなり、歯はグラグラ。歯ぐきが腫れて痛み、膿が出て、ぽろりと歯が抜けてしまうこともあります。歯間が開いて、食事にも支障が。口臭もひどくなります。ここまで進行すると治療も大変困難です。

        治療方針

foote