ごあいさつ


高齢者に多い誤嚥性肺炎。

誤嚥(ごえん)とは、だ液や食べ物、胃液などが気管に入ってしまうことをいいます。高齢者が亡くなる原因として、もっとも多いのが肺炎。その中で多くを占めるといわれているのが誤嚥性肺炎なのです。

肺炎をおこす歯周病菌。
肺炎は、肺にウイルスや細菌などが感染して炎症をおこす病気です。高齢者•寝たきりの人や、脳卒中の後遺症などで飲み込む力が衰えている人に多く発生しています。誤嚥性肺炎をおこした人から、歯周病菌が多く見つかるために、歯周病菌が誤嚥性肺炎の重大な原因の一つと考えられています。

口の中を清潔にする口腔ケア
歯周病予防も大切。

口腔は肺や胃腸の入口です。適度な湿度と温度が保たれている口腔は細菌にとって居心地がよく、歯みがきを怠るとすぐに歯周病菌などの細菌が繁殖します。歯みがきをしっかり行い、口の中の細菌を繁殖させないこと、そして肺へ運び入れないことが重要です。

 みがき残し


foote