ごあいさつ

     歯を溶かす酸性

歯を溶かすのは、
むし歯菌だけではありません。

 歯のエナメル質は、酸性の食べ物や飲み物などに触れただけで、少しずつ溶けています。その中で溶け方の度合いが大きいもの、将来トラブルにつながりそうなケースを酸蝕歯(さんしょくし)と呼び、最近大きく注目されています。
 エナメル質が溶けると、歯の内部に細菌が入り込みやすくなり、むし歯のリスクも高まります。将来にわたり、自分の歯を長持ちさせるためには、エナメル質をより多く残すことが大切です。


酸蝕予防法!

 ◎酸性の飲食物を口にしたら、水やお茶を飲む。
 ◎酸っぱい物を食べると、歯の表面がやわらかくなり、すぐに
  歯ミガキをすると傷がつくので、30分ほどしてから歯ミガキをする。
 ◎フッ素入りの歯ミガキ剤やジェルを使うと効果的。

  ストローで飲む
foote