ごあいさつ

         インプラント治療
人の体には、目に見えない細菌が
たくさんすんでいるのです。

 体の中にすんでいる細菌は、体にいい菌と悪い菌、どちらともいえない菌の3つに分けることができます。●体にいい菌は、病気を引き起こす菌をやっつけたり、食べ物の消化や吸収を助けたりします。●体に悪い菌は、数が少ないと悪さをしないのですが、数が増えすぎると、体に害を及ぼす菌になります。ヨーグルトやチーズには、体にいい菌(乳酸菌)が含まれていて、毎日食べると悪い菌よりいい菌の数が増え、おなかの中が元気になったりします。

     虫歯
むし歯を作る菌の一つ、
ミュータンス菌は悪い菌です。

 砂糖をエサにネバネバのもの(グルカン)を作り、歯にぴったりくっつき、強い酸を作り出すことで、歯を溶かしていきます。いったん口の中に大量のミュータンス菌がすみつくと、歯ミガキをしたぐらいでは、菌の数を減らすことができません。毎日の歯みがきをしっかり行い、数を増やさないようにしましょう。

foote