ごあいさつ

 虫歯 だ液はきれい好き 

大切な働き
だ液には、細菌から歯を守ってくれる成分が多く含まれていて、口から入るウイルスや歯周病菌などを撃退する働きがあります。ところが、だ液の量が少なくなるとチカラが出せなくなるため、お口の中は細菌がより繁殖しやすい状態になります。

        子供の歯     
消化にいい

だ液は、常にお口の中を流れていて、細菌や、歯の表面についた食べカスなどの汚れをきれいに洗い流してくれます。この働きを自浄作用と呼びます。だ液はその99.5%が水分で、一日に約1.5ℓも分泌されるといわれています。

                 象牙質
頭がよく働く
夜寝ているときは、だ液の出るスピードがおそくなります。さらに口をあけて寝たりするとだ液が蒸発してお口の中が乾き、むし歯に抵抗する作用がほとんど機能しません。だから、夜寝る前にいかに細菌の量を減らせるか、細菌の餌になる食べカスを減らせるかがポイントです。歯みがきで一番時間をかけたいのは、夜寝る前の歯みがきです。

foote