ごあいさつ

 だ液はきれい好き

歯ぐきのはれ

 お口の中には、300種類ほどの細菌がすんでいます。歯の表面にすみつくのはむし歯菌。歯ぐきにすみつくのは歯周病菌です。この歯周病菌の毒素のせいで歯ぐきが赤くはれ、盛り上がります。この状態を歯肉炎といい、中の組織は壊れていませんが、血が出ることもあります。
 そのままにしておくと細菌がどんどん増え、歯と歯ぐきの間の隙間が少しずつ深くなります。すると細菌も奥深くに進み、歯を支えている骨を溶かしていきます。痛みがほとんどないので、気がつかないうちに症状が悪化してしまうのです。歯と歯ぐきの隙間が深くならないうちに、食べカスや細菌のかたまりをきれいに取り除く習慣を身につけることが大切です。

        子供の歯     
歯と歯の間

 毎日の歯ミガキで大切なことは、みがきたい場所を意識して、歯ブラシの毛先を確実に当てることです。チカラを入れてゴシゴシみがくと歯や歯ぐきを傷めてしまうので注意して。軽くやさしく、ゆっくり丁寧に時間をかけて、みがき残しの無いブラッシングを身につけていきましょう。

                 象牙質はみがき

foote