ごあいさつ

  歯のねっこ


毛先は歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間に直角に!
毛先が広がらないくらいの軽い力でみがこう!
      歯並び
歯ミガキで大切なのは、歯に歯ブラシの毛先をきちんと当てて、歯垢を取り除くことです。とくに生えかわる時は、こどもの歯とおとなの歯がまざっていて、抜けたところもあり、とてもみがきにくいものです。そのうえ、抜けかわるたびに口の中が変化していきます。手鏡などを見ながら、歯ブラシを縦やななめにして、毛先をきちんと当てるようにしましょう。


1〜2歯ずつ、小刻みに動かしてみがく!
       
コツは、毛先を歯にきちんと当てて、小刻みに動かしていくこと。1本ずつていねいにみがくようにします。 いつものクセで、つい同じところばかりみがいてしまうことも…。「下の右奥歯⇒下の左奥歯⇒上の右奥歯」などと順番を決めて、口の中全体をみがくようにしましょう。


「こんにちは」の持ち方
前歯や、下の歯のかみ合わせなどをみがくときは、毛先を自分のほうに向けた持ち方をします。
「さよなら」の持ち方 
歯や、下の歯のかみ合わせなどをみがくときは、毛先を自分と反対のほうに向けた持ち方をします。
「ペングリップ」の持ち方
みがくとき、どうしても力が入ってしまう人は、ペンを持つような持ち方で行うと軽くみがけます。


foote